namoの毎日

ふわふわした息子のスイッチがいつ入るかのリアルな記録

かんしゃく

雪が降った日の話。

f:id:fnamo:20230127214821j:image

一面真っ白。学校が3時間目からになったから、こどもらは7時から外に出て遊び回っていた。

犬は喜び庭駆け回り。

 

JR止まっちゃって、私は会社行けないから子供と一緒にとりあえず外出てみた。寒い〜!!道路も歩道もつるつる!こんなもん、スニーカーで学校行ったら着くまでに何回こけるかわからん。

 

f:id:fnamo:20230128233702j:image

 

と思って、こどもらにスノーブーツを出してあげた。滑って転ばないように、足が冷たくならないように。

 

長靴より、ぴったりしたブーツ。履き口のところにも紐がついていて履きにくい。

 

おチビは玄関でそのブーツを履こうとして、なかなか足が入らない。

もう!このゆきぐつ!はらたつ!こんなもん、帰ったら捨ててやる!!

 

とキレている。

でも、捨てるのは帰ってからなんや。とりあえず履いていくんやな。と思って笑えた。

 

ぐぅぅー!はけない!くそー!とか叫んでたけど、そのうちに履けたらしく静かになった。やれやれ。

 

おチビは、思い通りにいかないと、すぐかんしゃくを起こして、辞める!捨てる!知らん!嫌い!とかネガティブなワードを遠慮なく思いっきり口に出して言う。ケチついたらもう何もかも嫌になるやつ。

たぶん、口に出すとスッキリするんやろな。とりあえず、言うたら気が済んで、1時間もたてばそんなん言うたっけ?って忘れている。

 

おチビのこういう性格、直さないといけない欠点のようにも思うけど、悪態つくだけでストレス解消されるなんて、とてもいい性格だと思う。

それに、そんな悪態で振り回されないような人(例えばnamoみたいな聞いてない奴とか)が自分の周りに自然と集まってきて平和に暮らせると思う。たぶん。

 

おチビのいいところ、自分の気持ちにとても正直。でも、社会人になるまでにはもう少し、こらえられるようになるといいな。

 

ちなみに私は、社会人になって何年も経つけど、まだこらえられるようになっていない。

リアルな食卓

働く母のリアルな晩御飯12月の振り返り。とにかく早く、それなりに。子供らのお腹を満たすことがコンセプト。

 

オーブントースターで作れる画期的なチャーシューの技を習得した。豚の塊の肉をビニールに入れて調味料をまぶして1日置いといたやつをオーブントースターで40分くらい焼いた。

 

f:id:fnamo:20230118125254j:image

 

気を良くして2日連続同じのをした。焼レンコン、ロマネスコをチンしたやつ。

なんと見栄えも良く簡単でボリューム満点のチャーシュー。子供らの食いつきも最高。自画自賛

f:id:fnamo:20230118125358j:image

 

家族のみんな大好きな焼きそばドーン。お野菜たっぷり。そば6玉。ちょっと足りない。

f:id:fnamo:20230118125355j:image

 

残った野菜とか牛乳ををどうにかした。このグラタンぽいやつはクックパッドの見ながら作ったやつ。長芋と長ネギのグラタンやったかな。

f:id:fnamo:20230118125401j:image

 

野菜を一掃したら、namoが大根を6本も収穫してきて、大根づくし。というか大根しかない。大根餅をつくったら非常に不評、2度とやらない。

f:id:fnamo:20230118125404j:image

 

引き続き大根で、おでん。おでんに集中したいから、ご飯は納豆と卵でたべる。

f:id:fnamo:20230118125408j:image

 

チキン南蛮、マヨネーズ嫌いな子がいるから、タルタルありとタルタルなし。野菜スープ、餅巾着。
f:id:fnamo:20230118125411j:image

 

富山のますずしと、余り物炒めとちくわ?生ハムの何か?こりゃ気合いはいってなさすぎやな。
f:id:fnamo:20230118125414j:image

 

ラザニアと長芋を焼いたのとオムレツ。ひき肉だけあったらできるラザニアセットというのをしてみたら、めっちゃ豪華。いけてる。

f:id:fnamo:20230118125417j:image

 

味の素餃子と味噌汁
f:id:fnamo:20230118125421j:image

 

寒いから袋サラダ食べずに、野菜が入った味噌汁ばっかり食べてた12月。

 

 

ばーばの誕生日

2年前に亡くなったばーばの誕生日を祝った。死んだ人のお誕生日の祝いをするのって変かな。でも命日よりずっとしっくりくるのでその習慣を続けている。

 

誰かの誕生日にスポンジをやくという修行を開始して、今回で5回目。やっと、ほぼ理想通りのいいのが焼けた!卵の泡立ても、手順も手際もよく、ふっかふかの仕上がり!

180度に予熱、170度に下げて、10分焼いたら、表面にアルミホイルをのせて、20分。これで、うちのオーブンの場合バッチリやける。

 

デコレーションはすみっコぐらし!

みんなでハッピーバースデーを歌った。

f:id:fnamo:20230123200521j:image

 

実は先日、おチビの誕生日をした。本人のご要望によりすみっコぐらしのサーティワンアイスケーキ。2週連続楽しいパーティ続き。

 

f:id:fnamo:20230123201204p:image

このすみっコぐらしの飾りをおチビにもらって、冷凍しておいて、バーバのケーキにのせたというわけ!

 

おチビは7歳になった。もうすぐ2年生。早いなぁ。末っ子のおチビ、どんどん大きくなる。嬉しいような寂しいような。

 

ばーばは生きてたら70歳。

ばーばと、また話したいわぁ。とおチビが言う。

そやなぁ。私も話したいわ。

 

ばーば死んでから、みんな2年分成長して、色々できるようになったよ。私も年取った。いろんな変化も、事件もあった。

 

もしかして、ばーば楽しみに見てるんじゃないの、このブログ。あの世から。

 

 

 

 

 

恥ずかしがらない

やっと歯の痛みが痛み止めを飲まなくていい程度になった!ほっぺたの腫れもひいた。

2週間後に抜歯決定。親知らずの立派な根っこ、意外と簡単にスポンと抜けるかもしれないし、なかなか抜けないかもしれないらしい。その場合は歯茎切って歯を分割してフルコース。Oh〜覚悟!

 

namoがこんなこと言うてきた。

 

こないだ、みんながキャー恥ずかしい!って授業中に言うててんけど、namoその時ボーッとしててんな。

先生に、namoは恥ずかしがってなくて良いですね。的なことを多分言われてんけどさ、namo、ちょっと話についていけてへんくて、エッ?と思ってさー

 

ちょっと待って。話の始まり方おかしくない?

エッ?ってママも今思ってる。どういうことよ。多分言われたってなんやねん。言われたんか言われてないんかどっちや。

 

いや、その時ボーッとしてたからよくわからんねん。けど、まぁ、namoは恥ずかしがってなかってん。

 

はぁ。とにかく、namoは恥ずかしがってなかったと。

 

そう。でな。そのあとなんの授業なんかなーと思って聞いててん。

 

なんの授業かなーと思って???namoその時ずっとみんなと教室におったんやんな?どっか行ってたとかじゃなく。どういうこと?いつもそんな感じなん?

 

おったよ。もちろん。ちゃんと聞いてる時もあるしな。ほんでその授業で何を習ったかと言うとな、

 

何を習ったかと言うと???

 

「性器と脇に発毛が見られます」

 

!!!

性教育か!大人になったら体がどうなるかやな。それでみんな恥ずかしいってキャーキャー言ってたのか。それをぼんやりして聞いてないのを恥ずかしがってなくていいですねって、褒められたってこと?

 

そう。そんな感じ。急に言われたから褒められたかはわからんねんけど、多分先生はそういう感じのことを言うてた。

 

え。まさかぼんやりしてることを怒られたんちゃうやろな。

 

それは違うと思う。多分いい感じのことを言われた。と思う。

 

はぁ。。。で、他に何を習ったん?

 

「女性は、胸が大きくなって、腰が丸くなる。男性は、肩幅が広くなる。」

 

おー。一応わかっとるやん。ちゃんと真面目に授業聞いてよー。

 

namoさ、じつは性器に発毛があんねんけど。ちょっと見て。

 

見せなくていいって、、、あぁ、、残念ながらそれは、産毛や!!

 

namoのいいところ、性教育を恥ずかしがらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肯定感

私の息子、小4男子namoのいいところを日々みつけて記録し、最低10年、できれば20年続けて、結婚式で公開することを目標としているこのブログにお越しいただきありがとうございます。

そして、以前からnamoの毎日を見守ってくれている皆さま、ありがとうございます。

 

何でこんないきなり改まっているかというと、いけばなの話を読みに来てくれる人がたくさんいてビックリしてるのです!

いけばな男子、アツい!ということ?こうなったら長く続けるしかないね!

 

これまで特別アツかった話は、コンポストの話とヤギの話。そして昨日のいけばなの話。

共通点があるようなないような。

 

 

fnamo.hatenablog.com

 

よかったら続編も。

fnamo.hatenablog.com

 

fnamo.hatenablog.com

 

namoを通して、私が日々思ったことや、やってみたこと、悩んだこと、事件のこと、namoのきょうだいのこと。

そんな日記を世界中の人が読んでくれること、嬉しく思う。

 

namoの成長を、自分だけじゃなくてみんなに見守ってもらおうと思ってはじめたこのブログ。いつのまにかnamoのいいところがたくさん溜まっていって、namo肯定感がハンパない。

 

わけわからんことしでかすnamo、やるべきことをやらないnamoに、ブチギレる毎日は変わらないけど、ブチギレながら、でもnamoにはいいとこあるしな!しかもそれみんな知ってくれてるしな!

と思うことが私の心の支えになっている。namo肯定感は私の自己肯定感にもつながっている。

 

namoのいいところ、私の人生を面白くしてくれているところ。こんな興味深いnamoという生き物を育てることができて、私は幸せ者です。

 

 

 

新しい習い事

namoは、とてもたくさんの習い事をしている。なぜかというと、なんでもすぐやりたくなって、しかも全然辞めないから。

 

今習ってるのは、スイミング、アート、習字、ピアノ、これに加えて、ボーイスカウト、学研。

 

さらにこの度、なんと、いけばなをはじめたいと言い出したnamo。この間体験をしてきてすっかり気に入ったらしい。ただnamo忙しすぎるよ。新しく始めるならどれか辞めたら?

 

えー!どれも気に入ってるんやけど。どれか辞めなあかん?辞めれるやつないんやけど。

 

ひとつも辞めないという。namoは今まで始めた習い事は一度も辞めたいと言ったこともなければ、辞めさせたものもない。それって意外とすごいことよ。

 

お花の先生に相談したら、まずは月1回のお稽古からはじめるのはどうですか?と言ってくれた。月1回ならなんとかなるか。せっかくなのではじめてみることにした。

 

体験のお稽古したあと、花材を全部持って帰ってきて、すぐに先生に習ったことを、思い出しながらいそいそと生け直すnamo。やりたい事はやれと言わなくてもできるんやな。

 

f:id:fnamo:20230116201106j:image

f:id:fnamo:20230116201628j:image

f:id:fnamo:20230116201706j:image

 

やる気満々で真剣だけどなんか笑える。namoが花生けとる。

まぁ、誰もやってないことをやってたらそのうち何かいいことがあるかもしれない。レアキャラ目指すか。

 

しかし習い事やりすぎて、namoの習い事代ヤバい。ばーばの残してくれたお金、今こそ使う時?

 

ばーばの写真に線香あげながら聞いてみる。ばーば生きてたらやりたいことあるんならやらせてあげなさいと、いうかな。本来やりたい事があるのは、素晴らしい事やからな。

生花の真正面で微笑んでいるばーば。なんか、ばーばへのお供え花にみえてきた。

 

namoのいいところ、やりたい習い事が多い。そして一旦はじめたら辞めない。

 

f:id:fnamo:20230116212732j:image

 

これから毎月季節のお花namoが飾ってくれるのか。それはそれで私も楽しみ。

 

 

 

 

 

 

歯が痛い2

結局、歯医者に行った。痛み、我慢ならず。

抗生剤と痛み止めをもらったけど、応急処置にすぎず、抜かなまた同じことになりますよと言われた。

ななめに生えてるでっかい親知らず。意を決して口腔外科に紹介状書いてもらうことに。とほほ。だけど口腔外科なんてなかなか予約取れないんちゃうか。いつ抜けるんやろ、これ。

 

会社いったら顔腫れてるやん可哀想に。と慰められた。歯が痛いしか考えられへん。とぼやくと、親知らずの痛み経験者達が、わかるわかる、歯が痛いと何もできんよな、炎症がある間は抜くこともできないから、その期間痛みに耐えるしかない、それが1番辛いんや。と、言う。

 

仕事終わって家着く頃には痛み止め切れて限界!!もうママ歯が痛いしか考えられないからレトルトカレーでもご飯にかけて食べといて!!

 

薬飲んで、寝込む。なかなか痛み止めが効いてこない。この時間、本当に歯が痛いしか考えれん。

 

人生で1番痛かったのは確かに出産だったと思うけど、2番目が今!!下の親知らずの歯茎が痛いはずなのに、上の歯も頬も顎も喉も頭も全部痛い。

 

namoがなんか言ってるけど、痛すぎて意識遠のく。

 

よく聞いたら

 

ママ〜?流しがコップとかお皿でいっぱいやから、namo食洗機回そうか?

 

って、言ってる。

 

なんと!優しい!泣ける!ありがとう〜〜

 

 

namoのいいところ、ここぞっていう時に優しくて気を遣えるところ。